外壁塗装をやらないとどうなる?初心者によくある疑問や解決方法を詳しく紹介

建物の外壁塗装は塗料の皮膜で外壁の劣化を防ぐ効果があります。
塗料には様々な種類がありますが、通常であれば広く普及している一般的な外壁用の塗料が最適です。
ひび割れなどの傷みがすでに生じている場合は外壁を保護するため、皮膜を厚く形成できる塗料や紫外線を通しにくい塗料を選ぶことが大切です。
塗装は単に外観を綺麗にするだけではなく、外壁を皮膜で覆って保護し、傷みを防ぐ目的があります。
建物を長持ちさせるなら適切な方法による塗装が欠かせません。

外壁塗装をやらないとどうなる?初心者によくある疑問や解決方法を詳しく紹介

外壁塗装は見栄えを良くするだけの作業と誤解されがちですが、実際は塗料の皮膜によって外壁の劣化を防ぐ効果があります。
そのため、外壁塗装を怠ると短期間で変色やひび割れなどの不具合に見舞われる可能性は否定できません。
外壁塗装に関する疑問として塗料の選び方がありますが、基本的には広く普及している一般的な外壁用の塗料で十分です。
深い亀裂が生じているなど、外壁の傷みが深刻な場合は皮膜が厚くなる塗料や紫外線に強い塗料を選びます。

外壁塗装の具体的な目的やメリットとは?

一戸建てに住んでいる人は、外壁塗装を定期的に行う必要があると聞いたことがあるでしょう。
しかし、外壁塗装は何を目的として行うことなのかがよくわかっていないという人もいるかもしれません。
そういう人は、多少外壁が汚れていても気にならないから塗装工事はいらないと考えるかもしれませんが、外壁塗装は建物の劣化を防ぐという大切な目的のために行う工事であるため、しかるべき時期になれば利用することをおすすめします。
外壁塗装工事をするメリットについては、外壁が劣化してヒビが入ったりしている部分を調べてから劣化部分に補修を行い、その上で新しい塗料を塗っていくので、壁などの傷んでいる部分を直し、雨漏りを防いで建物の耐久性を高める効果が期待できる点が魅力です。
また、外壁を塗り直すことで、建物の見た目が新築のようにキレイな状態に変わるのもメリットになります。
紫外線や風雨の影響で外壁や屋根は毎日少しずつダメージを受けていきますが、10年などの定期的な間隔で外壁を修繕し塗り直すことによって長く住み続けられる状態を保てることが多いため、活用するのが良いでしょう。

外壁塗装は住まいを守るメンテナンス工事

外壁塗装は塗料を塗り替える作業ですが、住まいを守るメンテナンス工事と言っても過言ではないのではないでしょうか。
外壁塗装の役割は壁表面の保護だけでなく、雨漏りによる水の浸入を防ぐ目的もあるので、劣化の放置は住宅の傷みに繋がります。
確かに、塗料の退色や白っぽく粉を吹く外観の変化が外壁塗装を検討する切っ掛けになることもあります。
しかし塗料が見るからに劣化している状況では、壁も細かなひび割れが入っているなど劣化が進んでいる可能性が高いです。
外壁塗装は塗料を塗り替える前に、状態をチェックして必要に応じて補修しながら下地を作るので、二重に住まいを守ることになります。
一般的に10年に一度必要なメンテナンスといわれていますが、10年に1回住まいの状態を外側からチェックしてもらえる機会ともいえます。
足場を組んだり複数人で数日掛けて作業をするので相応の費用は発生しますが、安心感を考えれば納得できるのではないでしょうか。

カラフルな色で美観に導いていく外壁塗装

外壁塗装は同じ色で塗り替えるだけでなく、カラフルなものが選べたり美観の更なるアップに期待できるのではないでしょうか。
外壁塗装の魅力の1つは様々な変更が可能なことで、既存を基準に明るい色や濃い色を選んだり、他の系統の全く違う色を選ぶこともできます。
また艶を抑えてマットな質感にしたり、逆に艶を増して魅力を高めることも可能となります。
外壁塗装はこのように自由度が高いですから、例えば複数を選んだり組み合わせて新たな印象の外壁に仕上げるのも容易です。
結局のところ、どういった選択をするかはその人の希望次第ですし、明確なイメージを頭に描くことが前提となります。
しかしいずれにしても外壁塗装が現状を打破したり、美観の今以上に魅力的なものにできる可能性を秘めているのは確かです。
奇抜だったりインパクトを強めるやり方もありますが、極端過ぎるとポジティブよりネガティブな評価が上回ってしまうので、周りの人達やプロの意見を取り入れながらじっくり決めるのが正解ではないでしょうか。

外壁塗装を施すことで壁や柱の腐食を防げる?

外壁塗装を行うと、入居者にとって様々なメリットがあります。
新築のように美しい外観を得られ、色を変えると違った雰囲気になります 新しい塗料を使って外壁を施すと、外壁の耐久性が向上します。
高機能塗料を使うと、メンテナンスが楽になり建物の寿命も長くなります。
断熱機能や遮熱機能を持つ塗料で外壁塗装を行うと冷暖房の効率が向上し、電気代の節約に繋がります。
防水性が高い塗料を使用すれば雨漏りを防ぐので、柱や壁の腐食も避けられます。
住宅は雨や風、紫外線の影響を受けて少しずつ劣化するので異常が見つかった場合は早めの対処が必要です。
ひび割れや変色、カビの繁殖など気になる症状が出ている場合は専門家に相談して必要なら外壁塗装を依頼します。
外壁塗装では高圧洗浄で汚れを落とし、下地処理を行ってから塗料を塗ります。
塗料には様々な種類があり、特別な効果が期待できる機能性塗料も人気を集めています。
メーカーによって製品の特徴が異なるので、塗装会社の担当者と相談して適切な塗料を選択します。

外壁塗装で塗る色は自分で決められる?

外壁塗装で塗る色は、自分で決めてから工事を依頼できます。
建物の外観に影響する色選びは、外壁塗装の重要ポイントです。
実際のカラーを選ぶ際のステップは、大きく分けて4段階に分かれます。
最初は家の周辺を散歩して街並みの雰囲気を確認し、調和する好きなカラーを選択します。
塗装会社に頼むと実際の施工事例を見せてくれるので、確認しながら絞り込みます。
カラーシミュレーションは塗装会社で作成してくれるケースが多く、全体のバランスを確かめてイメージを固めます。
イメージが固まったら色見本を見て、実際の発色を確かめます。
見本を確認する際は、外壁に並べてから少し離れて眺めます。
光の状態で見え方方変わるので、様々な方向に置いて丁寧に確認します。
希望する色よりもワントーン明るいカラーと暗いカラーを用意して比較すると、理想に近付きます。
色の見え方は面積の大小でも異なるので、見本は大きいサイズを使います。
心配な人は、塗装会社に依頼して実際に塗装する外壁に塗ってもらうと安心です。

外壁塗装の工事期間中に注意すべきポイント

外壁塗装の工事期間中に注意する事は色々あります。
意外に思われるかもしれませんが、普段とは異なる家の雰囲気になりますので防犯に気を配る必要があります。
外壁塗装をする上で、仮設足場を組んで塗装を行います。
日中は塗装職人の人が常に塗装を行っていますので不審者がいたら解るのですが、夜間や日祝日の職人さんがいない場合には危険な状態になります。
なぜなら、仮設足場を利用するとベランダの中などに簡単に入る事も出来ます。
盗難や強盗などの犯罪に巻き込まれない様に特に戸締りを注意する必要があります。
他にも、塗装の仕上がりを重視する場合には、職人さんと会話を少しすれば良いです。
傾向として挨拶と現在の進捗を少し会話をするだけで、お客様も進捗を確認する事ができますし、塗装職人も 細かい塗装部分の確認が出来ますのでお互いに疑問点を解消できます。
他にも外壁塗装は数週間の工事になりますので、天気の変動などがありますのでコミュニケーションを適度にとりましょう。

外壁塗装の工事中に防犯ライトを設置した方がいい理由

外壁塗装工事の作業工程には足場の設置と養生の取り付けがありますが、足場は高所作業を安全に行うために必要不可欠な存在です。
養生は、外壁塗装で高圧洗浄を行う際に水しぶきが近隣の家に飛ぶことを防止する目的や塗料の匂いや作業時の音などを軽減させる重要な目的があります。
足場は、自由に高所へと上がることができる設備になるので、夜間にこれを使って侵入者が入り込む可能性もゼロとはいい切れませんし、足場の外側は養生が取り付けてあるわけすから夜間に入り込むと外から見えなくなるなど防犯性においての不安も生じやすくなります。
家に人がいることが分かるときには侵入するケースは少ないけれども、夜間に留守をするときや寝ているときなどは侵入する可能性があるので、人感センサーが付いている防犯ライトを使う方法もおすすめです。
人感センサーは、人が通るとライトを点灯させる機能で真っ暗の状態から急にライトが点灯するとそれに驚いて侵入を防止できるわけです。

壁の細かい亀裂は外壁塗装で修復できる?

外壁塗装では塗装だけでなく、ひび割れや亀裂の修復も行っています。
ひび割れや亀裂は劣化の中でもリスクが高いので、早めの対処が必要です。
塗料で外壁の表面を保護しても、ひび割れや亀裂が発生すると水が漏れて腐食の原因になります。
外壁に異常を見つけたら、割れの種類に応じて適切な修復作業を行います。
補修方法や使用する補修材は、外壁の状態に合わせて選択します。
深く亀裂が入っている場合は、内部にシーリング材を入れて塞ぎます。
ひび割れの部分を電動工具でカットして汚れを取り除き、下塗り材で下地処理を行う方法もあります。
下地処理が終わったら、上からシーリング材を注入します。
V字やU字にカットすると内部の状態が均一になり、下塗り材が密着しやすくなります。
外壁塗装の補修には、変性シリコンやウレタンなどのシーリング材が使われます。
髪の毛のような細い割れは、通常の塗料でもカバーできます。
軽い症状なら、ひび割れに下地材を塗ってから通常の上塗り材を使って重ね塗りを行います。
割れている箇所の内部に、粉末状のパテやコンクリートを入れて塞ぐ方法も選択できます。

外壁塗装における下地補修の役割とは?

外壁塗装では、いきなり塗料を壁に塗るのではなく、まずは外壁の洗浄や補修を行います。
このような工事を行わないと、塗料がしっかり密着しないので剥離しやすくなり、どれほど高機能なペンキを使っても耐久年数が短くなってしまいます。
外壁塗装の下地補修には様々な種類があり、場所の状態や材質によって方法を変えていくのが特徴です。
まず最初に行われるのが高圧洗浄で、外壁に付着した汚れやカビなどを洗い流し、塗料が密着しやすいようにします。
コーキングは外壁材の目地に充填される部分で、一般的に10年程度で弾力が弱まりひび割れや剥離が生じます。
このコーキングを直したり埋める工事も重要で、穴などが開いた状態にしておくと、雨漏りを起こしたり、建材の腐食や劣化を招く可能性があります。
ほかにも、トタンの部分に錆が発生している場合や、サイディングの劣化にはケレン工事が必要です。
ケレン工事にはいくつかの種類があり、錆の状況によっては酸洗浄や電動ブラシを使用します。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装の情報サイト

建物の外壁塗装は塗料の皮膜で外壁の劣化を防ぐ効果があります。塗料には様々な種類がありますが、通常であれば広く普及している一般的な外壁用の塗料が最適です。ひび割れなどの傷みがすでに生じている場合は外壁を保護するため、皮膜を厚く形成できる塗料や紫外線を通しにくい塗料を選ぶことが大切です。塗装は単に外観を綺麗にするだけではなく、外壁を皮膜で覆って保護し、傷みを防ぐ目的があります。建物を長持ちさせるなら適切な方法による塗装が欠かせません。

Search